,Mo,Ni,ニッケル,モリブデン,順送加工,精密,冷間鍛造,絞り加工,打抜き,打ち抜き,板鍛造,バッテリー,ケース,リチウムイオン,工法転換,せん断,せんだん,プレス,シェービング


本ページ内の技術に関するご質問、お問合せはアプト技研 までお願いいたします。
長野県下伊那郡松川町元大島3052-1   TEL/FAX:0265-36-3256 E-Mail: apt@clio.ne.jp
Since 1996/08/20 last modified 2009/07/15


WELCOME TO MY English HOMEPAGE

マイオピニオン2011-10-30
日本のモノツクリを復活させるために (PDFファイルが開きます)
ご意見をお寄せ下さいapt@clio.ne.jp


プレス絞り部品のサンプルです。左の写真からお立ち寄りください。 懇意にしていただいている会社の社長の新刊が出版され好評発売中です。モノつくりの根幹であるプレス加工や金型について社長の信念とこだわりが伝わってきます。左の本の表紙をクリックしてみてください



【 絞り品各部の名称について 】   

絞り加工についてはもうずいぶん昔から加工されており、技術的にも進歩して来ている。絞り加工の教科書やインターネットにも絞り品の図が国内外限らずたくさん出ている。しかし残念ながら、絞り品各部のそれぞれの名称について一言で間違いなく言い表されるような統一されたものが無い。 特に下図 については名称の統一が望まれる。


図 絞り加工品各部の名称

A

フランジのダイ側

B

フランジのシワ押さえ側

C

ダイR接触部、ダイ肩部

D

リップ

E

側壁外側

F

側壁内側

G

良い案がありません
(
パンチ肩部外側)

H

パンチR接触部、パンチ肩部

I

底部外側(天井部外側)

J

底部内側(天井部内側)

K

天井部という呼び方もあるが底部と呼ぶ方が多い

もっと適した呼び方がありましたら枠内にご提案をお願いします.


************************************************
*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。∴:*:゜
(お知らせ)インパクト成形部品の扱いを始めました。
*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。∴:*:゜
アプト技研は金属プレス金型設計事務所としてスタートして以来お客様の技術開発のお手伝いをさせていただいてきました。 
 業務サービスの一環としてこれまでにも工法転換にかかわる部品などを加工までお受けして、協力していただける仲間の加工先と一体で部品加工販売も行ってきました。
(例 精密絞り加工品、超精密打ち抜き加工部品 など)

このたび これらの扱い部品の仲間に板厚偏差や面のひずみが少ない精密インパクト部品も加えることができるようになりましたので皆様のご検討をよろしくお願い申しあげます。