私のカメラ遍歴(フィルムカメラ編)
リコー(機種名不明)

一番最初に買ったカメラがこれ。
画像はXR500だが、実は機種名は覚えていない。
高校1年生の冬休み、バイトで稼いだお金で購入。
たしか25,000円くらいだった思う。
レンズはリコーの50oが付いていたと思う。
1眼レフのカメラが欲しくて欲しくて、
手に入れた時はうれしかった。
が、特に写す物もなく、
近場の風景を撮っていただけだった。
5年くらい使用。
次のコンタックス購入時に下取り。
コンタックス139

加入していたサイクリングクラブ(当時伊那市にあった)の
人が、コンタックスのレンズは写りが良い。と、いつも自慢
していたのを聞いていて、今度買うならコンタックスだなと
決めていた。
当時カメラ店にあった、一番安いボディーの139を購入。
レンズは45o1本のみ。
その後自転車旅行を共にした思いでの1台。
始めた頃の山へも持っていった。

コンタックス167MT

本格的に山岳写真を撮るようになって、
もっと良いカメラが欲しくなり購入。
最初からリバーサルフィルムを入れて、
喜び勇んで山へ向かった。
初期の頃の作品はこれでたくさん撮った。
レンズも24o、35〜70o、その後、
35〜135oを揃えた。
レンズは高かった。
6年くらい使用。

NEWF-1購入時にレンズ・ボディ共に下取りへ。
ペンタックス67

山岳写真を撮り始めて、
1年くらいたった頃、
とにかく中判カメラが欲しくなった。
ちょうど行きつけのカメラ店に中古が出ていて、
迷わず購入。
レンズも75o、105o、200oの3本が付いていた。
覚えていないが、破格の値段だったと思う。
慣れないブローニーフィルムにとまどいながら、
夢中で撮った。
憧れの中判カメラ。
うれしくてしょうがなかった。
その後花の撮影のために135oマクロも購入。
しかし、そのうち重さが苦痛に。
3年ほど使用。
その後手放す。
ニューマミヤ6

ペンタックス67の重さが苦痛になり始めて、
軽いカメラが欲しくなる。
レンジファインダーとか、
詳しいことは知らないまま、
単純に6×6なら、
フィルムサイズもほとんど変わらないし、
とにかく軽いからこれだと購入。
レンズも3本全部揃える。
1年間こればかりでずっと撮っていた。
写りは良かったが、
正方形の画面構成の難しさや、
レンジファインダーの撮影時の
充足感のなさに物足りなさを感じる。
1年半ほどで手放す。
ペンタックス645

やはり1眼レフでなければ物足りない!。
と、高かったが奮発して購入。
この頃から、山岳・風景写真の世界では、
ペンタックス645は圧倒的に使われ始めてきていた。
実際使ってみて、そのすばらしさに大満足。
写りが良い。
645というフィルムサイズも重量もちょうど良い。
良くできたカメラだ。
レンズも45o、75o、120o、150o、80〜160o、
200oと6本揃えた。
長期のテント山行と、厳冬期以外はこれがメインカメラ
だった。とにかく良く使った。
ザックの一番上に放り込んで、いつもすぐに出せるようにし
ておいた。
1回だけ修理に出したが、
かなりの酷使にも耐えてくれた丈夫なカメラだった。
今も実家の防湿庫で保管中。
ペンタックスZ1-P

ペンタックスを使い始めたら、35oもペンタックスで揃えたくなった。
カメラグランプリを受賞して、
当時あこがれていた風景写真家T氏も使っていて、迷わず購入。
おまけにF2.8のズームレンズ2本。いわゆる白玉と呼ばれる高級
レンズを一緒に購入。今思えば良く買ったなーと言うほどの高額な
買い物でした。
良くできたカメラでしたが、ちょっと軽い作りの所が気になりました。
しかし実際は山へ持っていくわけでもないし、風景写真もほとんど
645で撮っていたし、全く出番がなかったのです。

やはり憧れや単純な理由だけで求めた物は長く続きませんでした。
でもボディだけは最近まで防湿庫にちゃんと保管してありました。
キヤノンNEWF-1

歴史に残るキヤノンの名機。本当に素晴らしいカメラだと思う。
1994年、このカメラのことなど何も知らないまま師匠に勧
められて購入。というか、コンタックス167MTを下取りに
出してもらって、NEWF-1ボディと24o、35〜105o、
135oとすべて東京で買ってきてもらう。
最初は正直古くさいカメラだなと思っていた。しかし使うに
つれて、使い勝っての良さ、頑丈さ、寒さにも強いこと、そ
して写りの良さに惚れ込んでしまった。
その後20〜35oを購入。このレンズがまた素晴らしい。私の
名作の数々をこのレンズで撮ってきたと言っても過言ではな
い。
その後予備ボディ2台と、80〜200o、100〜300o
50oマクロも購入。
 
コンタックスTVS

山岳写真の他にも、風景写真も良く撮っていた。
普段持ち歩けるカメラが欲しくなり購入した1台。
実際いつも持ち歩いて、それなりに良い写真が撮れた。
また、かなりハードな山行や、絶対撮影時間が確保できそう
もない山行にはこれ1台だけで対応。けっこう活躍してくれた。
風景写真も撮らなくなって、いつの間にか出番がなくなり手放す。

キヤノンEOS7

2002年の全日本山岳写真展キヤノン賞の商品。初めて
もらった賞がキヤノン賞で、EOSがもらえてうれしかったが、
どうせなら1Vにして欲しいなあと贅沢な事を思う。
28〜135oレンズを購入して、サブカメラとして使用。
最近は軽量化したいスキー山行で主に使用。
露出補正が1/2段ずつしかできないのが、気に入らないところ。

余談ですが、その2年後に今度はマミヤ賞でマミヤ7Uをもらう。
が、さすがにこのカメラは出番がない。

キヤノンT90

F1を使い始めてしばらく経ち、キヤノンのカメラに少し興味が
出てきて、FDレンズが使えるカメラで、このTシリーズがあったこ
とを知る。
その中でもこのT90。某プロカメラマンがべた褒めしていて、予備
にボディを10台保有しているとのこと。そしてキヤノンにもう一度
生産再開をしろと言っている。これを聞いて使ってみたくなる。(単純?)
東京できれいな中古を購入。7万円くらいだったと思う。
F1とは違った洗練されたデザインのおしゃれなボディ。当然巻き
上げも自動で、同じレンズが使えるが、F1とは明らかに違うカメ
ラだ。しばらく気に入って使ったが、やはりF1の重厚でしっかりした
ボディ。撮っているという安心感にはかなわない。
その後は何回かF1を修理に出した時に、出番があるくらいだ。

フジTX1

2004年の春に中古で購入。以前からパノラマのフォーマットには
興味があり、TXが発売されてからずっと欲しかった。
TX2が発売になり、TX1は少し中古が安く出ているのではと、
東京へ出かけた際中古店を物色。
しかし特殊なカメラ、なかなか見あたらず、何件目かでようやく
45oレンズ付きを見つける。予定していた値段より少々高いが、
もう手に入らないだろうと思い切って購入。
その後はF1と共に山行にはいつも持っていく。が、実際パノラマの
画角に収まる被写体が意外と少なく、一度もシャッターきらずに
帰ることもしばしば。
その後在庫処分の90oレンズを見つけて迷わず購入。
いずれはパノラマ写真だけの作品展などをと考えてます。
キヤノンEOS-1V

現在のメインカメラ。中古で購入。2007年の10月から使用。ずっと
NEWF-1を使い続けるつもりでいたが、EF70〜300oISレンズが発売
になって、このレンズを使いたくなってきた。思い切ってEOSに切り替
える。レンズはもう1本17〜40oの超広角ズームと2本のみ。これで
ほとんどの撮影に間に合う。
 使ってみて当たり前だが、AFの快適さには大満足。特に望遠側の
ピント合わせは楽だ。70〜300oISレンズも操作性も描写も良い。
もっと早くEOSに切り替えれば良かったと思った。
 一つだけ不満なのは寒さに弱いことだ。厳冬期の朝晩の撮影では
気を使う。特に朝は保温しながら数枚ずつしかシャッター切れないのが
不便。


 自己紹介へ戻る