日々雑感 2008.8
2008.7 2008.9

08/8/30  「虫も生き物」、「人も生き物」 No.390

この所、私のページ、お寺や神社が多いような気がしませんか?。
そ〜なんです。。。
何しろ今年の夏は、暑さが厳しかったものですから、ついつい、日陰の多い神社仏閣へ足が向いてしまったのです。(飲食店街も行きたいのですが・・・)
蝉時雨(せみしぐれ)の下、涼しい風が吹き抜ける境内で、スケツチが出来るなんて、幸せ・・・です。

でも、ちょつと困ったこともあるのです。
お寺や神社は、自然がいっぱい!、虫もいっぱい!なのです。

とくに、目に向かって襲いかかって来る小さな“あぶ”のような虫には、参ります。
虫のなかには、本当に、私の大きな?目の中に、飛び込んで来るものもあるのです。

虫除けスプレーをしても、ほとんど効き目がありません。
家の奥さんが、私の道楽のために用意してくれました(感涙・・)“防虫ネット付き帽子”は、虫はシャツトアウト出来るのですが、暑苦しくてダメ・・・

せっかくの涼しい境内でのスケッチですが、世の中、そうは、思うようには行かないものですね。
「虫も生き物」、「人も生き物」。。。修業が足りません・・・

駒ヶ根市中沢 蔵沢寺


08/8/19  箸(はし)は、やっぱり「木曾の漆塗り箸」。。。 No.389

福井県小浜市が舞台となった、NHKの連続テレビ小説「ちりとてちん」では、
「若狭塗りばし」が、しばしば登場しました。(見ませんでした?)
職人により、丹念に塗り重ねられた「若狭塗りばし」、良いなあ〜と思いました。

木曾も、塗り箸の生産地です。
私の家でも、「木曾の漆塗り箸」は、食事での必需品です。

箸一膳 、800円ほどのものなのですが、“口当たり”?が良いというか、“手になじむ”というか、使い勝手がとても良いのです。

先日も、スケツチで木曾 奈良井宿に行ったおり、定番の「木曾の漆塗り箸」を買い求めて来ました。(同じ種類の箸を、毎年買い換えている)

プラスチックの箸に比べれば、少々お高いかもしれませんが、365日、毎日使っても、一日当たりに換算すれば、2円ほどです。

それで毎食時、素晴らしい芸術品に出会えたような気分になれるのです。
「木曾の漆塗り箸」は、そんな手作り作品なのです。
★上の写真は、わが家定番の「木曾の漆塗り箸」 


木曾奈良井宿は、漆器類を扱っているお店が多い


宿場町特有のウナギの寝床型の奥行きのある民家
通路の奥の緑が美しい・・・



08/8/7 伊那名物「ローメン」は不思議なのだ・・・ No.388

ローメン 久しぶりに、伊那名物の「ローメン」を食べた。
それにしても、「ローメン」って、分けの分からない料理ですよね。。。

「カレー」ならこんな味、「ラーメン」ならこんな味と、即座に、頭に浮んで来るものですが、「ローメン」には、それがないのです。(私だけ?・・)

原因はどうも、「ローメン」の「味付け」が、お客さんに、全て“お任せ”、
“丸投げ”されているからはないでしょうか。


「ローメン」は、厨房より出てきたばかりのアツアツの麺に、備え付けの香辛料を用い、各自、自由に味付けをして頂くのが、正しい食べ方なのです。(お店の人のお話によると)

ですから、十人十色の「ローメン」が出来上がる事になるのです。

美味しくても、美味しくなくても、全て、お客さんの自己責任

ちなみに、香辛料は、「ソース」、「酢」、「七味唐辛子」、中身が良く分からない「ふりかけ」等々。。

私も、ありったけの香辛料をふりかけましたら、「辛いのか」、「甘いのか」、「酸っぱい」のか、ワケの分からない焼きそば風 無国籍麺”になってしいました。。。

「ローメン」って、不思議な食べ物ですよね。 (そこが良いのだと申す人もいますが・・・)

右スケツチは、 ローメンが食べられる
お店がある 伊那市入舟 飲食店街。
08/8/1 裸婦デツサン講習会 伊那市 No.387


左の食パンは、食事用のものではありません。
上伊那美術教育研究会主催の「 裸婦デッサン講習会」のために用意したものです。

木炭でデツサンする場合、なぜか今でも、木炭消し用に食パンが使われるのです。
工業製品の「ネリ消しゴム」とは、消し具合が微妙に違うようなのです。

でも、6枚入りで200円近くもする食パンが、食事用に用いられず、消しゴム代わりに使われるとは、いささか、もったいない気もします。(小麦粉の値段も上がったことだし)

こんな貴重な食パンを大胆に使用しながら、製作した裸婦デッサンが、左下のものです。
「パン」さん、本来の目的に使わず、ご免なさい!!本望ではなかった事でございましょう・・・



モデルさんのお話しによりますと、美術用のプロのモデルさんは、
一日で、「20分間ポーズ、10分休憩」などの繰り返しを、何度もされ、
腰痛症などの職業病になられる方が多いそうです。今回のポーズも、大変そうです。感謝・・・


2008.7 2008.9