2009.5
2009.4 2009.6

09/5/26   弓が飛び道具の一つとは云え・・・ No440

散歩をしていまして、美しく手入れされた芝生に、ゴルフの練習の為のネットが張られた庭などにお目にかかる事があります。
そんな風景に、人はどんな感想をお持ちになられるのでしょうか。。。
「良い趣味をお持ちで・・・」、
「家にゴルフ練習専用ネットまで設置するのだから、ゴルフがお上手なんだろうなあ〜」、
「きっと、お金持ちに違いない!」などなど、どちらかと云うと、プラス評価で見られることが多いと思うのです?

一方、私の家では、芝生はありませんし、ゴルフ練習場もありません。。
ただ、最近、タイヤ置き場に、下の絵のような巻藁(まきわら)を置き、巻藁練習を始めました。
(★ 巻藁練習とは、射形の基礎を練習するためと、的に向かう前に準備運動として筋肉の働きを滑らかにするために用います。− 浦上博子範士 著より )

果たして、巻藁練習のある風景って、一般の人に、どう映るのでしょうかね。。。
「弓なんかやっていて・・・、山にキツネ狩りにでも行くのだろうか?」とか、
「北朝鮮の核による緊張の中、戦争にでもなったら、“ランボー”のように、弓矢をたずさえ、戦場に出てもらわなくっちゃ!」 とか、
弓が飛び道具の一つとは云え、こんな途方もないことを考えられたらイヤだなあ〜と思う、今日この頃です。。。

弓道場には、巻藁(まきわら)専用の練習場所があります。

わが家の巻藁(まきわら)練習場は、タイヤ置き場です。
この直径が45センチほどの藁(わら)を固めたものへ、
矢を放つのです。

09/5/21   諏訪湖周辺に・・・ No439

平日なのに、良くもまあ〜、諏訪湖周辺に、二十数名もの人が集まって・・・
しかも、アラカン世代と思われる方々が・・・(私もその一人)
皆さんの目的は、湖周辺の『片倉館』、『白鳥丸の船着き場』、『釜口水門』などのスケッチです。
それにしても、こんなにアラカン世代を虜(とりこ)にするスケツチの魅力って、何んなんでしょうね。
どこかで聞いた話しですが、絵画制作で色彩を考えたり、写真で構図などを考える作業は、『右脳』の活性化に、とても良いそうなのです。
と云う事は・・・スケッチをするのって、《ボケ防止》???
道理で、平日、戸外で絵を描いたり、写真を撮ったりしているのは、アラカン世代ばっかり・・・

カヌーで諏訪湖の対岸まで行かれるのでしょうか?


『釜口水門』


温泉施設 『片倉館』



奈良井宿の一角に、『荒沢不動尊』と云うお不動様をお祀り(おまつり)したお堂があります。
街道が鍵の手(かぎのて)になった場所に位置し、お隣には、水場もあり、かって、中山道を旅した人々の休憩場所だつたのでしょうね。
この建物、ちょつと面白い所があるのです。。。それは、『荒沢不動尊』へお参りするのに、なぜか、写真のような可愛い「鳥居」をくぐるのです。
「鳥居」って、神社の象徴ですよね。
所が、お堂に入りますと、お不動様の前には「お線香立て」が置かれています。
「お線香立て」は、お寺さん必需品。。。神社ではあまり見かけません。
木曾は奈良井の宿で出会った 「鳥居」に「お線香立て」のある風景って・・・「ナニコレ珍百景?」

奈良井宿の鍵の手(かぎのて)にある 『荒沢不動尊』
屋根より低い鳥居がみえます。 5/15撮影

『不動尊』をお祀りしたお堂


新緑の奈良井宿 『荒沢不動尊』

2009.4 2009.6