2012.12
2012.11 2013.1

12/12/28 「よい年でありますように・・・」 No701

「しめ縄」などの正月飾は、12月29日は、苦(く)が付くので、また、12月31日は、「一夜飾り」になり、この両日は、一般的には飾らないようです。
と云う事で、わが家でも、その風習に倣い、本日(28日)飾り付けました。
「しめ縄」は、手作りです(下の写真)。作り方は、私が所属しています志峰館弓友会で教えて頂きました。
弓道や剣道などの道場は神棚が付きもので、試合の前後には、神前に向かって、「二礼、二拍手、一拝」致します。わが志峰館塩澤道場では、その神棚の「しめ縄」を会員自ら作る事になっており、そこで覚えたのです。
お店で売られているものと比べ、見栄えは今一かもしれませんが、気持は、こもっているつもり。。。神様もお喜びになっていただけたでしょうか?!
「ともかくも あなたまかせの年の暮れ。」一茶


神棚に飾る「ごぼうじめ」です。
垂れ下がっている
紙垂(しで)の切り方が難しい・・・

12/12/11 小沢昭一さんの一句・・・ No699

ここへきて、ラジオ番組でもご活躍されておられた、俳優の小沢昭一さんや、作家の藤本義一さんがお亡くなり、ラジオファンの一人としましては寂しい限りです

なかでも、小沢昭一さんの軽妙な語り口で親しまれてきたラジオ番組「小沢昭一的こころ」は、一品でした。。
また、トークショーでのハーモニカの演奏も、とても楽しかった。。(一度拝見した・・)

小沢さんと云えば、下諏訪町の温泉街から少し外れた路地裏の一角に、小沢さんの句碑が立っているのを、ご存知ですか。(左の句碑は、スケッチに行ったおり発見・・・)

今日の地元紙にも紹介されていましたが、小沢さんは、下諏訪町の風情が好きで、ここに立てられたとか。。。
【夕顔や ろじ それぞれの 物がたり
湯煙上がる ひなびた温泉街で、どんな物語を想い描いて、この句を詠まれたのでしょうかね・・小沢昭一さんは。


12/12/6 プリンタやインクのお値段の不思議さ No698

もうすぐ、年賀状の受付も始まりますが、大型電気店の売り場では、『パソコンとプリンタで手作り!オリジナル年賀状!を・・・』と、プリンタやハガキソフトやインク類が所狭しと並んでいます。
そこで気になったのですが、プリンタのお値段のあまりにも安さに。モノによっては、一流メーカー品が、8千円台で購入出来るのです。
よく、工業製品の原価は売価の3割だと云われます。と云う事は、プリンタの原価は3千円以下??
いくら、デフレの世の中とは云え、メーカー経営が成り立つ値段なのでしょうか。安すすぎ!!のような気がします。

一方、隣のコーナーに並べられています純正インクのお値段を見ますと、こちらは、何んと、ワンセットで5千円台!
これって、二回、プリンタのインクを取り替えますと、プリンタ本体の価格より高くなってしまいます。こちらは高すぎ!!
もし、これが自動車なら、車両本体価格より、車を走らすガソリンのお値段の方が高いと云うこと??(この比較は、無理がありますか?)
どちらにしても、プリンタや純正インクのお値段の不思議さを感ぜざるを得ません。
★上の写真は、プリンタ用純正インク

12/12/3 楽器が弾けたり、歌が歌えたら No697

孫たちのピアノ演奏発表会がありました。会場は、付き添いの親たちや、動員された?ジジ、ババで満員です。
何時もゲームに夢中な子供たちが、真剣なまなざしでピアノに向かう姿には、心打たれました。

古い歌ですが、「♪もしもピアノが弾けたなら」と云う歌がありましたよね。
ピアノでなくても、楽器類が弾けるって、すばらしい事ですよね。。。
ただ、私、音痴!!!です。高校時代、校歌をみんなと一緒に歌えなかったのですから。(キーが合わず)
おじさんになった今・・・、飲んだ勢いで、十八番(おはこ)の「♪名月赤城山」を歌っても、若い人から「おじさ~ん、それ、歌?」と云われるのがオチです。音楽に素養がある人って、うらやましい。。
2012.11 2013.1