2013.6
2013.5 2013.7

13/6/29  素朴な大根の花 No738

春、種を蒔いた時なし大根も、いよいよ、とうが立ち、花が咲くものも出てきました。(左写真)
こうなりますと、大根にが入り、かたくて食用になりません。収穫適期も終わりと云う事でしょうか。

この野菜に花が咲く現象、家庭菜園人気御三家?のキュウリやナスやトマトなら、沢山の実がなる前触れとして喜ばれる事なのですが、同じ《種の保存》のため咲く大根の花は、歓迎されない。。いささか、かわいそうですね!
控えめに咲く素朴な花なのに・・・

★一昔前になりますが、『だいこんの花』と云うテレビドラマがありましたね。竹脇無我さん、森繁久彌さんが出演していた記憶がありますが・・・

13/6/18  『湖畔の宿』にて No736

高峰三枝子さんが歌った『湖畔の宿』は、1940(昭和15)年に、佐藤 惣之助作詞、服部良一作曲で作られた名曲です。。。
私が生まれる以前に誕生した歌ですのに、「♪ 山の淋しい湖に~ひとり来たのも悲しい心~ 」と、口ずさむ事が出来るのは不思議です。
歌詞なのか、旋律なのか、心の琴線(きんせん)に触れるものがあるのでしょうか?!

今週のスケッチ会は、その湖畔の宿で開催されました。
湖畔の宿の名は、『高遠さくらホテル』。
ホテルからは、湖を隔て、天下第一の桜が有名な高遠城址も望まれ、ロケーション抜群です。。。
スケッチの後は、ホテルのロビーをお借りして、高遠名物 桜ソフトクリームを頂きながら、楽しい反省会でした。
★写真は、ホテルのすぐ下にある船着き場。




高遠湖畔より高遠城址を望む  F4号

13/6/13  ダイエットって、大変だあ~ No735

6月15日の「父の日」をひかえ、マネキン業界では、お腹が突き出たリアルな「お父さんマネキン」が人気を集めているそうです。
デパートの紳士売り場に、こんなお父さんそっくりのマネキンが、浴衣や甚兵衛姿で立っていれば、「あまちゃん」でなくても、「 ジェジェ!」ものですよね。
集客効果抜群、「父の日」のプレゼントの売上倍増間違いなしです。

そんな人気のマネキンに倣っている訳ではありませんが、私も、最近、お腹周りが、90㎝の大台を越え、現在、高止まり状態です
結果、市の検診では、メタボを指摘され、着る物も、LLサイズ以上と不経済極まりません。お腹が出ていて良い事などありませんね。(まっ、弓道での袴姿は、お腹が出気味の方が、シックリきますが・・・)

で、何とかダイエットしょうと、ジムに通い、ウォーキングマシーンの上で、太ったハツカネズミの如く歩いたり、乗馬マシーンや各種器具を使っての筋肉トレーニングを、週に3~4回しています。
計算上では、一回、200~250キロカロリーの消費なのですが、ダイエット効果が、なかなか出ません。何故なのでしょう!!
どうも、痩せない理由の一つが、トレーニングで一汗かいた後の晩酌の冷たいビールだったようです。
ビール一本の熱量は、約250キロカロリー。ダイエット運動で消費した熱量と、晩酌で、美味しく頂くビールの熱量とが同等なのです。
せっかくのダイエット運動も、「ご破算で願いましては・・・」だったのです!
まっ、晩酌に、美味しいビールが頂けるから、良しとしましょうか。。。

13/6/11  仙丈ケ岳の麓(ふもと)にて No734

『たかとほは 山裾のまち古きまち ゆきあう子等のうつくしき町』と、田山花袋が表現した伊那市高遠町で、水彩画教室がありました。
高遠町には、洋画家中村琢二画伯も、良く絵を描きに来られたそうです。
今回の教室の写生ポイントは、その中村画伯が、かって、描かれた仙丈ケ岳を望む麓(ふもと)の集落です。
目にも鮮やかな緑の水田・・・、遠く集落の向こうにそびえる仙丈ケ岳・・・
美しく、穏やかな高遠の風景を前に、なかなか、筆が進みません。
いったい、どうした事でしょう?!

仙丈ケ岳の麓にて F4号

13/6/6  作付けは、ほどほどに・・・ No733

昨年秋に種を蒔き、5月中旬が収穫の最盛期だつた「エンドウ」も、いよいよ花芽も少なくなり、シーズンも終わりのようです。
それにしても、今年はエンドウが大豊作!信州の寒い冬を越し、無事育つた10株ほどのエンドウに、大量の実が付き、子供たちの家や、ご近所にお裾分けしても消費仕切れない状態でした。
エンドウの料理法と云っても、「お汁の実」にするか、「卵とじ」位しか思い浮かびませんものね。。。料理の出来ない私には・・・

でっ、反省の一言・・・「腹は八分目、野菜の作付けは、ほどほどに・・・」


6月6日現在も
まだまだ、沢山の実が付いてます


エンドウの後ろは、
収穫間近のタマネギ

13/6/2  伊那街道 宮田宿 No732

気象庁の梅雨入りの発表があったとたん、ここ駒ヶ根周辺は雨が降らず、わが家では、畑のトマトやナスの水やりに精を出す日が続いています。(もう少し、雨が欲しい!)
気象庁の予報官の方も、毎日、気をもんでおられる事でしょう。天気予報は大変なお仕事ですね!
まっ、予報が当たらなかったお陰と云うか、戸外活動には、かえって、好都合。。。熱い日差しを避けながら、伊那街道宮田宿へ行って参りました。
江戸時代にあった「本陣」の建物は、別の場所に移築復元されていますが、宿場周辺には、当時を思い起こさせるような古民家、商家もあり、絵心を誘われます。
下は、宿場にある酒屋さんの風景です。


伊那街道 宮田宿 F6号

2013.5 2013.7