カバさんのホームページのトップへ

エジプトぐるり周遊13日間

ダハシュール、メンフィス、サッカーラ


12月8日(金)
 十二日目  カイロのホテル発 7:30 → ダハシュール 赤のピラミッド 屈折ピラミッド
  → メンフィス博物館 → サッカーラ 階段ピラミッド 昼食
 カイロ空港発18:00

12月9日(土)
 十三日目 関西空港着 13:00  その後 解散
    

ダハシュール 屈折ピラミッド
第4王朝のスネフェル王がつくったもの BC2610年頃。
最初に下部は傾斜角52度で作り始めたが、崩れる危険性がでてきたので途中から傾斜角43度にしたもの

この日は土埃が多いか近くの崩れかけたピラミッドもかすんで見える。

化粧石がきれいに残っている。
ダハシュール 赤のピラミッド
第4王朝のスネフェル王がつくったもの BC2610年頃
サスネフェル王は屈折ピラミッドを造ったものの気に入らず、その反省をもとに傾斜角43度でピラミッドを造ったもの。
クフ王のピラミッドに比べると角度がゆるやかである。そのためなんとなくおだやかな感じを受ける。
メンフィス ラメセス2世の像
第1王朝 ナルメル王がエジプトを統一した後(BC3000年頃)このメンフィスを首都とした。

足の一部が欠けて横たわったままのラメセス2世の像がある。
手に持つのは王の印

なつめやしの並木が美しい

雪花石膏で作られたスフィンクス(二番目に大きいそうだ)
サッカーラ 階段ピラミッド
第3王朝 ジョセル王のピラミッド(BC2650年頃)
ジョセル王は最初長方形の墳墓を作ったが、まわりに壁を作ったら見えなくなったのでさらにその上にもう一段作りの二段の墳墓とした。しかし気に入らずだんだんと段を作り、最後に6段の墳墓とした。
これがピラミッドの始まりとなったそうだ。

ウナス王のピラミッド 内部にピラミッドテキスト(死者の書の原型)
が書かれていたことで有名

エジプトのトップへ   前へ(カイロ・博物館)

エジプトのトップ ルクソール エドフ・コムオンボ アスワン・アブシンベル アレキサンドリア
スエズ・シナイ半島 ギザのピラミッド 白砂漠・黒砂漠 カイロ・博物館

カバさんのトップページへ


カバさんのホームページの内容
地域・我が家の紹介 大島山 瑠璃寺 大島山 瑠璃寺の獅子舞 ほんやり 四季の草花のページ 
大島山 不動滝   高森町の火の見櫓  市田柿のページ
近くの山登り・ハイキング 梨子野峠〜高鳥屋山 小八郎岳・烏帽子岳 尾高山ハイキング 風越山 
ちょっと遠征して 屋久島縄文杉を訪ねて 中山・白駒池トレッキング 天狗岳登山  



イ タ リ ア  ローマ・コロッセオ バチカン  ポンペイ   青の洞窟・カプリ島 イタリア教育
タクラマカン砂漠のトップ 西安・ウルムチ カシュガル・カラクリ湖 カルギリク・ホータン ニヤ・砂漠公路
クチャ トルファン     
エジプトのトップ ルクソール エドフ・コムオンボ アスワン・アブシンベル アレキサンドリア
スエズ・シナイ半島 ギザのピラミッド カイロ・博物館 白砂漠・黒砂漠 ダハシュール・サッカーラ
タイ(バンコク、アユタヤ) バンコク アユタヤ遺跡を訪ねて バンコク郊外へ  
シリア・ヨルダンのトップ ドバイ市内観光 アンマン市内観光 マダバ、ネボ山、死海 ペトラ遺跡
ワディ・ラム、アムラ城 ジェラッシュ、ボスラ パルミラ遺跡 クラック・デ・シュバリエ、マアルーラ
ダマスカス市内観光      
トルコ 成田→トロイ トロイ エフェソス パムッカレ
カッパドキア イスタンブール
アンコール遺跡 アンコールワット アンコールトム タ・ケウとタ・プローム シェムリアップの夜
プレ・ループとバンテアイ・スレイ 東メボンとロリュオス トンレサッップ湖 博物館とバンテアイ・クディ
オールドマーケット 他
北インドの旅 トップページ デリー アグラとタージマハル カジュラホ ベナレスとサルナート
ペルーのトップ    ナスカの地上絵 クスコ  マチュピチュ  チチカカ湖 
リマ       
パリ  ベルサイユとルーブル パリ ノートルダム寺院    
上海・蘇州 上海 東方明珠、玉仏寺 蘇州 寒山寺、拙政園 上海2 豫園 他 
その他 台 北 台湾一周の旅 グアム ニューヨーク・ナイアガラの滝
すーちゃのホームページ こんにゃくづくり 麻婆豆腐づくり シソの実のしょうゆ煮  



カバさんにメール