カバさんのトップページへ

シルクロード・タクラマカン砂漠を訪ねて


カシュガルとカラクリ湖


三日目
カシュガルは新彊最西端に位置する町、彫りの深いウィグル族が多く、中国とは思えない都市であった。

最初に訪れたのはエイティガール寺院
 新彊最大のイスラム寺院 美しいモスクであった。 

モスク内部 絨毯が敷き詰められた礼拝の場所
続いて案内されたのは職人街
 木工旋盤、曲げ物

、鍋のたたき出し
 古い時代がそのまま残っている感じであった

旧市街を走るトラクター。まだまだこんな運搬車を何台も見かけた。

アバク・ホージャ墳。16世紀末のイスラム教の指導者アバク・ホージャと
その家族の陵墓。また乾隆帝の妃・香妃がここに葬られたとも伝えられ
香妃墓とも呼ばれている。緑のタイルを張りつめられた建物は美しかった。

旧市街で出会った子ども

ホテルに帰って夕食後ウィグルの民族舞踊のショーを見せてくれた。
ここは中国なのかアラブなのか? これも異国情緒豊かな踊りであった。
四日目
 バスに乗ってカラクリ湖に向かう。片道200Km、一応舗装はされていた。

 木のほとんど生えていない山が続く。その谷間をバスは進んでいく。

添乗員の荻谷さんと
喀什(カッシー=カシュガル)まで86kmの表示
赤い岩山が印象的でした

トイレ休憩の場所で出会った子ども

そして途中の湖、湖面に映る山並みがとてもきれいであった。
カラクリ湖に到着、カラクリ湖は標高3600m、
カラクリとはキルギス語で「黒い湖」
普段は青い湖だが黒雲がかかり豪雨となると湖面は黒く
変化するという

正面の山は標高7719mのゴングール峰、
この日は湖面にさざ波が立ち、逆さの山は写らなかったが
とても美しい湖であった.
途中の集落のウィグル族の老人
彫りの深い顔立ちが印象的であった。

この日ついにお腹の調子を壊す。
毎日毎日中華料理の連続、脂っこいのが原因と思われる。

前に戻る(西安とウルムチ)  次へ(カルギリク・ホータン)

タクラマカン砂漠トップ 西安とウルムチ カルギリク・ホータン
ニヤ、砂漠公路 クチャ トルファン


感想などメールをどうぞ



カバさんのトップページへ
カバさんのホームページの内容
地域・我が家の紹介 大島山 瑠璃寺 大島山 瑠璃寺の獅子舞 ほんやり 四季の草花のページ 
大島山 不動滝   高森町の火の見櫓  市田柿のページ
近くの山登り・ハイキング 梨子野峠〜高鳥屋山 小八郎岳・烏帽子岳 尾高山ハイキング 風越山 
ちょっと遠征して 屋久島縄文杉を訪ねて 中山・白駒池トレッキング 天狗岳登山  



イ タ リ ア  ローマ・コロッセオ バチカン  ポンペイ   青の洞窟・カプリ島 イタリア教育
タクラマカン砂漠のトップ 西安・ウルムチ カシュガル・カラクリ湖 カルギリク・ホータン ニヤ・砂漠公路
クチャ トルファン     
エジプトのトップ ルクソール エドフ・コムオンボ アスワン・アブシンベル アレキサンドリア
スエズ・シナイ半島 ギザのピラミッド カイロ・博物館 白砂漠・黒砂漠 ダハシュール・サッカーラ
タイ(バンコク、アユタヤ) バンコク アユタヤ遺跡を訪ねて バンコク郊外へ  
シリア・ヨルダンのトップ ドバイ市内観光 アンマン市内観光 マダバ、ネボ山、死海 ペトラ遺跡
ワディ・ラム、アムラ城 ジェラッシュ、ボスラ パルミラ遺跡 クラック・デ・シュバリエ、マアルーラ
ダマスカス市内観光      
トルコ 成田→トロイ トロイ エフェソス パムッカレ
カッパドキア イスタンブール
アンコール遺跡 アンコールワット アンコールトム タ・ケウとタ・プローム シェムリアップの夜
プレ・ループとバンテアイ・スレイ 東メボンとロリュオス トンレサッップ湖 博物館とバンテアイ・クディ
オールドマーケット 他
北インドの旅 トップページ デリー アグラとタージマハル カジュラホ ベナレスとサルナート
ペルーのトップ    ナスカの地上絵 クスコ  マチュピチュ  チチカカ湖 
リマ       
パリ  ベルサイユとルーブル パリ ノートルダム寺院    
上海・蘇州 上海 東方明珠、玉仏寺 蘇州 寒山寺、拙政園 上海2 豫園 他 
その他 台 北 台湾一周の旅 グアム ニューヨーク・ナイアガラの滝
すーちゃのホームページ こんにゃくづくり 麻婆豆腐づくり シソの実のしょうゆ煮