ドバイ観光

カバさんのホームページのトップへ


シリア・ヨルダン・ドバイ10日間の旅


ド バ イ


1日目 1月26日(月)  羽田 → ドバイ(アラブ首長国連邦)
 羽田発 20:40  関西国際空港着 20:40  ここで大阪出発の人たち
 と合流

 関西国際空港発発 23:15

2日目 1月27日(火) ドバイ(アラブ首長国連邦)
                       →アンマン(ヨルダン
)
 ドバイ着 5:35  ここでさらに名古屋からの参加者と合流、総勢24名
 となりました。また現地ガイドとして守谷さんが案内してくれました
 リビエラ・ホテルにて朝食 朝食後バスに乗って市内観光

 最初の見学は「バージュ・アル・アラブホテル」
 白い帆をイメージした形、左側の円盤はヘリポート、右側に突き出ているのは
 レストランだそうです。
 宿泊客とレストラン予約客以外は入れてくれないとか
 外から写真撮影のみでした。

バージュ・アル・アラブホテル

現地のガイド守谷さんと
次の見学は「ジュメイラ・モスク」
ここも中に入れません、外からの写真撮影のみです
2つのミナレットを持ち、ドーム型の建物がが白くとても美しい。
ジュメイラは美しいという意味だそうです

シェイク・サイード邸
現在のドバイの首長シェイク・モハメッドの祖父
シェイク・サイードが1958年まで住んでいた。
アラブ伝統建築様式の建物。

中央の部分は風の塔といって風が中のむしろのようなものに
当たると風が室内に回り込み涼しくなる天然の風を利用した
冷房装置だそうです
ドバイ博物館の見学です。ドバイの歴史や文化がわかりやすく展示されている。
紀元前の遺跡の発掘品から現在まで展示
ビデオで時代の流れを追って説明もありました。

貿易に使ったダウ船

生活の様子(写真は海老原さん撮影)

アブラ(水上タクシー)でスーク(市場)へ異動します
ツアーの仲間 海老原さん、小坂さん、山内さん ガイドの守谷さん、
 そして奥に私

スパイス・スークにて(写真は海老原さん撮影)

ゴールド・スークにて(写真は海老原さん撮影)

(写真は海老原さん撮影)

飛行機の窓からひときわ高い「ブルジュ・ドバイ」が見える

人口の島「The World」

前に戻る      次へ(アンマン)

シリア・ヨルダンのトップページへ アンマン市内観光 マダバ、ネボ山、死海 ペトラ遺跡 ワディ・ラム、アムラ城
ジェラッシュ、ボスラ パルミラ遺跡 クラック・デ・シュバリエ、マアルーラ ダマスカス市内観光

カバさんのホームページのトップへ

カバさんのホームページの内容
地域・我が家の紹介 大島山 瑠璃寺 大島山 瑠璃寺の獅子舞 ほんやり 四季の草花のページ 
大島山 不動滝   高森町の火の見櫓  市田柿のページ
近くの山登り・ハイキング 梨子野峠〜高鳥屋山 小八郎岳・烏帽子岳 尾高山ハイキング 風越山 
ちょっと遠征して 屋久島縄文杉を訪ねて 中山・白駒池トレッキング 天狗岳登山  



イ タ リ ア  ローマ・コロッセオ バチカン  ポンペイ   青の洞窟・カプリ島 イタリア教育
タクラマカン砂漠のトップ 西安・ウルムチ カシュガル・カラクリ湖 カルギリク・ホータン ニヤ・砂漠公路
クチャ トルファン     
エジプトのトップ ルクソール エドフ・コムオンボ アスワン・アブシンベル アレキサンドリア
スエズ・シナイ半島 ギザのピラミッド カイロ・博物館 白砂漠・黒砂漠 ダハシュール・サッカーラ
タイ(バンコク、アユタヤ) バンコク アユタヤ遺跡を訪ねて バンコク郊外へ  
シリア・ヨルダンのトップ ドバイ市内観光 アンマン市内観光 マダバ、ネボ山、死海 ペトラ遺跡
ワディ・ラム、アムラ城 ジェラッシュ、ボスラ パルミラ遺跡 クラック・デ・シュバリエ、マアルーラ
ダマスカス市内観光      
トルコ 成田→トロイ トロイ エフェソス パムッカレ
カッパドキア イスタンブール
アンコール遺跡 アンコールワット アンコールトム タ・ケウとタ・プローム シェムリアップの夜
プレ・ループとバンテアイ・スレイ 東メボンとロリュオス トンレサッップ湖 博物館とバンテアイ・クディ
オールドマーケット 他
北インドの旅 トップページ デリー アグラとタージマハル カジュラホ ベナレスとサルナート
ペルーのトップ    ナスカの地上絵 クスコ  マチュピチュ  チチカカ湖 
リマ       
パリ  ベルサイユとルーブル パリ ノートルダム寺院    
上海・蘇州 上海 東方明珠、玉仏寺 蘇州 寒山寺、拙政園 上海2 豫園 他 
その他 台 北 台湾一周の旅 グアム ニューヨーク・ナイアガラの滝
すーちゃのホームページ こんにゃくづくり 麻婆豆腐づくり シソの実のしょうゆ煮  



カバさんにメール