カバさんのトップページへ

バンコク・アユタヤ遺跡を訪ねて

 バンコクの寺院   バンコク郊外 

アユタヤ遺跡を訪ねて


バンパイン宮殿

最初はアユタヤ遺跡に向かう途中でバンパイン宮殿を見学する。
バンパイン宮殿は632年プラサート・トーン王によって建造、その後もアユタヤ王朝の
歴代君主が夏の離宮として使用、王朝の滅亡後荒廃した。ラーマ4世が再建。
チャオプラヤー川の中州にある。敷地は広い。
沿道は様々な木が

香りの良いリラワリー

マンゴーの木からたくさんの実が
必見は湖の中央にあるタイ風建築のアイサワン・ティッパー
(別名水上パレス)
アユタヤ日本人村
山田長政(現・静岡県伊豆の国市伊豆長岡町出身)は
日本人義勇隊長として実力者となり、
ソングタム王の寵愛を受け、オークヤー・セナピムックの爵位を授けられた。
ここは当時の日本人村があったところ
1935年(昭和10年)バンコクに設立された泰(タイ)日協会がオランダの
東インド会社の文献に基づき、
日本人町跡を発見し、日本人村・泰日協会展示館建設や
アユタヤ歴史研究センター(別館)
管理を行って来ている。  
アユタヤ遺跡

バンコクから北へ72Kmバスや車で約1時間30分
1351年初代ウートン王がこの地にアユタヤ王朝を開く。歴代30人、400年を超える
栄華の時代を築く。1767年ビルマの攻撃を受けて幕を閉じる。
南北4Km、東西7Km、

ワット・プラ・マハータート
寺院の建築は、中央にロッブリー様式の大きな仏塔があり、その回りを小さな仏塔が囲み、その回りを回廊が囲んでおり、礼拝堂と仏堂が東西にあったと推測されている。

この仏像の頭は木の根の成長とともに持ち上げられたという

頭部のない仏像がたくさん
ウィハーン・プラ・モンコン・ポピット
ブロンズ仏は高さ17m、体内から100体の小仏像が出たという

この寺院もビルマ軍により破壊されたが1956年、ラーマ5世やビルマの寄付で再建されたそうだ。

ワット・プラ・スィー・サンペット

1491年王室寺院。セイロン様式の朽ちた3仏塔が有名である
当時アユタヤーで最大規模を誇り、アユタヤー王朝の王宮としても使われていました。
しかし、他の建造物と同様に、1767年ビルマ軍によって破壊され、
現在は仏塔3基しか残っていません。

 バンコクの寺院   バンコク郊外 

カバさんのトップページへ
カバさんのホームページの内容
地域・我が家の紹介 大島山 瑠璃寺 大島山 瑠璃寺の獅子舞 ほんやり 四季の草花のページ 
大島山 不動滝   高森町の火の見櫓  市田柿のページ
近くの山登り・ハイキング 梨子野峠〜高鳥屋山 小八郎岳・烏帽子岳 尾高山ハイキング 風越山 
ちょっと遠征して 屋久島縄文杉を訪ねて 中山・白駒池トレッキング 天狗岳登山  



イ タ リ ア  ローマ・コロッセオ バチカン  ポンペイ   青の洞窟・カプリ島 イタリア教育
タクラマカン砂漠のトップ 西安・ウルムチ カシュガル・カラクリ湖 カルギリク・ホータン ニヤ・砂漠公路
クチャ トルファン     
エジプトのトップ ルクソール エドフ・コムオンボ アスワン・アブシンベル アレキサンドリア
スエズ・シナイ半島 ギザのピラミッド カイロ・博物館 白砂漠・黒砂漠 ダハシュール・サッカーラ
タイ(バンコク、アユタヤ) バンコク アユタヤ遺跡を訪ねて バンコク郊外へ  
シリア・ヨルダンのトップ ドバイ市内観光 アンマン市内観光 マダバ、ネボ山、死海 ペトラ遺跡
ワディ・ラム、アムラ城 ジェラッシュ、ボスラ パルミラ遺跡 クラック・デ・シュバリエ、マアルーラ
ダマスカス市内観光      
トルコ 成田→トロイ トロイ エフェソス パムッカレ
カッパドキア イスタンブール
アンコール遺跡 アンコールワット アンコールトム タ・ケウとタ・プローム シェムリアップの夜
プレ・ループとバンテアイ・スレイ 東メボンとロリュオス トンレサッップ湖 博物館とバンテアイ・クディ
オールドマーケット 他
北インドの旅 トップページ デリー アグラとタージマハル カジュラホ ベナレスとサルナート
ペルーのトップ    ナスカの地上絵 クスコ  マチュピチュ  チチカカ湖 
リマ       
パリ  ベルサイユとルーブル パリ ノートルダム寺院    
上海・蘇州 上海 東方明珠、玉仏寺 蘇州 寒山寺、拙政園 上海2 豫園 他 
その他 台 北 台湾一周の旅 グアム ニューヨーク・ナイアガラの滝
すーちゃのホームページ こんにゃくづくり 麻婆豆腐づくり シソの実のしょうゆ煮  


カバさんにメール