健康で安心して長く住んでいただけるために。。。

・材料は。。。
日本の風土に合った建築工法とはなんでしょうか?
ご承知の様に日本は
地震国であり、科学的見地から大地震が来るとも言われております。地震がない諸外国のように石造、煉瓦造のように積み上げていく構造は適切ではなく、森林国である日本で柱、梁を組み、筋交い、火打ちで構造を固めていけば地震に強い建物ができるという理由には説得力があります。しかしながら地震に遭う確率よりも高い火災に対して木より抵抗力のある石、煉瓦を用いなかったのはなぜだろうか?実は火災よりももっと恐いものがあったのではないだろうか?
日本は特有の温暖多湿の地域であり、
カビの文化を有していると言われています。古来の宝物殿や倉庫が木造で造られた訳には木材の調湿効果がカビ、腐敗菌が繁殖しない低湿度の環境に保ってくれるからという説もあります。木は室内気温が高くなった場合、放湿して乾燥しすぎるのを防ぎ温度が低下すれば吸湿してくれて、結露カビ繁殖を防止してくれる利点をもっているのです。
また、
ばかりではなく最近では土、紙といった自然界に存在する素材を住宅に取り入れるケースも増えてきています。これらの材料が健康性の面から支持される事はもちろんとして、みせかけの工業化製品に対してやはり本物の質感が再び見直されて来ているのではないでしょうか。
当社では、室内においても無垢の木、塗り壁等を多用しながら
健康で質感のある家造りをご提案しています。

奈良 正倉院

・工法は。。。
日本は雨が多く、蒸し暑い。古来よりの伝統工法である
軸組工法の家は一日も早く屋根を造り、濡れても大丈夫という形にした上で、その後は建築中にどんどん乾いていくように考えられています。
一方で、
2×4工法の発祥地であるカナダ、北米は比較的雨が少ない国のため、建築中に雨がに打たれる事がないので最後に屋根をかけても大丈夫であるのです。やはり軸組工法は日本の風土に根ざした工法であるといえますし、柱、梁、土台といったパーツが比較的合理的に出来ておりリフォーム等にも容易に対応できるのです。
断熱工法においても、
高気密、高断熱工法も雨の少ない北米、カナダ、北欧から学んだものであり日本特有の梅雨期を考慮に入れる必要があります。
昔の家は断熱材がなく、冬は無防備でしたが夏は風を通すことで冷房なしで住んでいましたし
建物の寿命をも延ばす事が出来ました。夏を旨とした昔の家の知恵を生かしながら、冬暖かい家を造るにはどうしたら良いかという考えから生まれたのが エアサイクル工法 という外断熱工法です。“木は動く空気に触れさせろ”という古来からの言葉があるように循環する空気が木をより一段と長持ちをさせてくれます。
また、日本特有の季節に対応できるように、
夏モード、冬モード、を切り換える事によって夏は爽やかな、冬は暖かい室内環境を作りだしますから建物にも人にとっても健康な工法と言えるのです。
当社では先駆的にこの工法に取り組み、
20年近い施工実績とノウハウを有しております。


・造り手は。。。
長く住み続ける家だから、
愛着の持てる家を手に入れて欲しいというのは私達の一番の願いです。
家の性能を数値で計り客観的に比較する事も大切ですが、やはり家にはその人なりの
こだわりや思い入れもありますから、数値だけでは計り知れないところも家造りには大切にしていただきたいと思うのです。例えば自然素材に囲まれた室内の心理的、精神的なプラス効果や街並みに溶け込むデザイン等。。。
私達の家造りは何人もの
職人さんの手を経て造られる手造りの“木の家”です。
大工職人、左官職人、建具職人。。。みなさん地元の職人さんですが、
いい家造りのために最大限の努力をする方々です。したがって私達は多くの家造りはできません。お客様のこだわりのある家を1棟1棟大切に造っています。
家造りはその地域の
地場産業でもあります 。地元の人の手で地元の材料を使った家造りはやはり家造りの原点でもありますし、家を大切にする気持ちを育むものだと思います。

参考文献:『健康創造型住宅への新時代』