エアサイクルの家
が出来るまで
エアサイクル住宅とは?
・基礎
(コラムベース
プラ基礎工法の場合)
一般の基礎工法と異なる点は
プラキソと呼ばれる断熱材を兼ねた型枠を両サイドに建て込み、その間にコンクリートを打ち込む所です。合わせて100ミリの断熱材ですので、外気温に左右されない床下環境を確保できます。内部は空気の循環を妨げない様にラムと呼ばれる円柱型の基礎を採用しています。
内部の土間と外周部の立ち上がりのコンクリートは同時に打ち込みますので強度のある理想的な基礎に仕上がります。
シロアリ対策として、断熱材、基礎上端にアリダンシーという特殊なシートを施します。土台は防蟻性の強いヒバ材を使用した上で基礎との間には硬質のパッキンを施し土台の下端も空気が回る様にして木材が腐食するのを防ぎます。
土台が施された状態。
床下において空気が循環しやすい状態が確認できます
耐震性のある一体的な基礎になるよう、コラムは地中梁でつながっています。
・屋根ボード工事
建て方時にエアサイクル屋根ボードを屋根面に施します。
屋根の見上げ、屋根ボードにすっぽり覆われた屋根裏空間。この時点で屋根下はある程度の断熱効果を発揮します。
・壁ボード工事
一般の工法の様に柱と柱の間に断熱材を入れるのではなく、柱の外側にエアサイクル壁ボードを張ります。筋交い、金物、電気配線等に邪魔されず、連続した理想的な外断熱層を形成します。
壁ボードの内側は空気が通るように溝加工が施されています。これにより柱は4面空気に触れ木材の耐久性を向上させます。
壁ボードで外周部がすっぽり覆われた状態。
・外部通気工事
壁の中を循環する空気層とは別に外部にも通気層を設けます。壁ボードと外壁材の間に設けるこの通気層は常に外気と接しており基礎上より空気を取り入れて、軒先より空気を逃がします。やはり壁の中の結露対策が主な目的です。
・エアオープナー
壁の中を循環する空気層において冬モード夏モードと切り替えができるように、エアオープナーとよばれる換気口を小屋裏と床下に設置します。
小屋裏の換気口を閉じた
状態。
小屋裏の換気口を開けた
状態。
小屋裏の換気口の開閉は専用のスイッチにて操作をします。電気を使用するのは年に2回この時だけです。
床下の換気口を閉じた
状態。
床下の換気口を開けた
状態。
・完 成
四季を通して快適に暮らせる
『エアサイクルの家』
の完成です。
エアサイクルボードの様な外張り断熱工法の施工に際しては、通気に対する知識と、ある程度の施工経験が必要とされています。私達は20施工実績から確かな施工体制を整えております。