Vol.10 2011.3.   耐震改修工事に対する助成金のお知らせ。
来年度より戸建て住宅の耐震改修工事に
対しまして国から直接助成金が受けられる
事になりました。
既に始まっている市町村の助成制度と
合わせますと工事費用のある程度の
割合が公費にて賄える事となります。
耐震補強工事をお考えの方は

長野県認定の耐震診断士である当社スタッフと

市町村助成制度を利用した耐震補強工事に
実績のある当社にお気軽にご相談くださいませ。


当社耐震補強工事の実績はこちら

伊那市耐震補強工事の
助成制度の概要はこちら




 Vol.9 2010.12.21  長期優良住宅建設に対する補助金のお知らせ。
このたび国の平成22年度補正予算成立に伴い
長期優良住宅建設に対する第2回
補助金交付制度募集が開始されました。
期間等に限定はございますが長期優良住宅
の建設をお考えの方にはいい機会となります。
また当社では期間限定で長期優良住宅認定
手続き費キャンペーンを行います。

詳しくは当社へお問い合わせくださいませ。

長期優良住宅補助金の概要はこちら




 Vol.8 2010.6.28  長期優良住宅建設に対する補助金のお知らせ。
昨年(2009年)に引き続き長期優良住宅の建設
に対して国土交通省より補助金が交付されます。
交付金は昨年同様1戸あたり100万円ですが
構造材に地域材を使用する事により最大
120万円の補助金が交付されます。
長期優良住宅の建設に対しましてはその他に
税制優遇・金利優遇処置もございます。。
住宅建設に際しましては是非、長期優良住宅の
建設をご検討くださいませ。


長期優良住宅補助金の概要はこちら




 Vol.7 2009.12.26   住宅版 『エコポイント』制度が始まります。
2010年住宅版『エコポイント』制度が始まります。
対象の工事は大別してエコリフォームとエコ住宅
の新築になりますがポイント申請における
関係機関手続き等も当社にて
代行させていただきます
工事内容・お見積もり等につきましてもお気軽に
ご連絡をいただくよう御願い申し上げます。

エコポイント制度の概要は 
こちら
エコポイント対象工事の概要はこちら


 Vol.6 2009.12.26   『長期優良住宅』として認定されました。
この度、当社にて施工した
伊那市梨の木の家T期工事における住宅が
国土交通省より『長期優良住宅』
として認定されました。
設計・計画段階における技術的審査等の
手続き代行も当社にてお手伝いを
させていただいております。

『長期優良住宅』の
くわしくは、
こちら


 Vol.5 2009.07.6   『長期優良住宅』を建設する工務店として
                     エントリーしました。
良質な住宅ストックの形成を促進するための
国の補助事業『長期優良住宅促進事業』
において住宅を建設する長野県伊那市の
工務店としてエントリーしました。
税制優遇や補助金の交付申請を行う事が
できます。(21年度事業のみ)

『長期優良住宅促進事業』の
くわしくは、
こちら


 Vol.4 2005.05.2       『信州木づくりの家』に認定されました。
当社がグループの一員として参加している
『寺子屋 信州木づくりの家』が
長野県より『信州木づくりの家』として
認定されました。
長野県では、県産材を活用した質の高い木造住宅の普及に取組む
地域住宅産業グループを募集し
取組内容の評価が高いグループを
「信州木づくりの家」に認定し
その活動について支援します。
県産材を使用した住宅には
長野県より助成金がいただけます。
くわしくは、
こちら


 Vol.3 2004.12.29       S様邸が雑誌に記載されました。
リビング信州2005(信濃毎日新聞社出版)
に当社施工のエアサイクルの家
伊那市S様邸が
自然を上手に活かしたエコハウスとして
掲載
されました。
お客様の家造りへの考え方や取り組み方また
エアサイクルの家の魅力がおわかりになれます。

どうぞ、ご一読下さいませ。
       


 Vol.2 2004.07.20       家造り現場日誌コーナーを追加しました。
家造り現場日誌コーナーを追加しました。
新築現場を中心に工事現場が進むの
にあわせて写真を追加します。
なるべくこまめに更新して行こうと思いますので
どうぞ、家造りの参考にして下さいませ。

開設者


Vol.1 2004.01.25           ホームページを開設しました。
拝啓、この度ホームページを開設しました。
皆様に私達の家造りの理念、お仕事を少しでも知っていただければ
また皆様の家造りにおいて少しでも参考になれれば幸いです。

開設者自ら作成した手作りのホームページ
ですので御見苦しい点が多々ございます事をお詫び申し上げます。     敬具