志峰館弓道場
駒ヶ根市の志峰館弓友会は故塩沢正三先生がご自分の敷地内に昭和49年に自費で建てられた弓道場 志峰館を活動の場にしております。道場は間口3間半、奥行3間半の3人立で、現在は塩沢秀三氏の館主の元、名門私設道場とし家族的な雰囲気の中、多くの弓士が技を磨いております。
季節ごと、いろいろな草花で彩られる弓道場

志峰館の会友の射  平成12年9月 撮影

動画になってます