タロット占い講座


[第4回]

カードと運命の関係

78枚もあるタロットカード。いったいそこにはどんな意味があるのでしょう?

1枚1枚すべて意味が違うのですから覚えるのも大変でしょう。それでも、無限の側面を持つ運命をあらわすのには78枚でも足りないくらいですが、それが偶然に選び出された2枚のカードで占えば、倍の156通りの組み合わせ。めくった順番を考慮すればさらに倍。カードの向きを考慮して、さらに倍の組み合わせ。これが3枚4枚と、組み合わせるカードの枚数が増えるに従って、無限ともいえる運命の組み合わせに近づいて行きます。

しかし、いくら無限ともいえる組み合わせが可能であっても、単なる偶然の組み合わせでしかなく、運命とは何の関係もないのではないだろうか?と思う人もおられるでしょう。

そこで、"神秘"という言葉を借りましょう。タロットカードに秘められた神秘が運命と、偶然に選ばれた何枚かのタロットカードとの一致をもたらすのです。

神秘という言葉を好まない方のために他の言い方をするならば、ユングという学者の研究した"シンクロニシティー"です。それは、意味のある"偶然の一致"です。

なぜそれが起るのか、その理由は知らなくても、その原理は誰にでも利用できます。タロットを手にした時、あなたはその大いなる神秘をも手にするのです。


タロットに関する学習や質問は
タロット占いメーリングリスト
をご利用ください