タロット占い講座


[ 第12回 ]

スリーカードリーディング
(Three Card Reading)

今回ご紹介するのは、「スリー カード リーディング (Three Card Reading)」です。サンプルを用意したのでご覧ください。

展開法のサンプル

この展開法も、タロット占いにおいて基本中の基本とも言えるもので、良く使われるものの一つだと思います。ワンカードスプレッド同様大変便利な展開法です。簡単なので、いつでも気軽に占えます。また、占者の想像力によって応用的に様々な解釈をすることもできます。

展開法

何を占うかを決めてからカードを良くシャッフルして、上のカードから1枚ずつめくり、左から順番に3枚並べます。解釈のしかたは下記の2通りがありますが、これを基本にして、様々な解釈のしかたを占者自身で決めることもできます。

*解釈のしかた その1
最初にめくられたカードがメインテーマになり、カードをめくるごとに前のカードの内容を補っていきます。
Card 1: 現在の状況。
Card 2: あなたが取ろうとしている行動。
Card 3: 期待していること。結果。
*解釈のしかた その2
やはり、最初のカードが「原因」となり、現在を通過し、未来へと至るという時間的な流れ、因果関係を示します。
Card 1: 過去。
Card 2: 現在。
Card 3: 未来。

占う前には、「その1」「その2」どちらの解釈を用いるか、また、何を占うのか、その対象を明確にしておく必要があります。

どんな内容を占うのに適しているか

漠然とした内容を占うよりは、はっきりとした目的がある場合に適しています。単純に結末を予測することにも使えますが、これからの行動のヒントとして用いることもできます。また、現在の問題について、その因果関係を見ることによって、状況を客観的に判断し、解決の糸口をつかむ手段としても用いることができます。


タロットに関する学習や質問は
タロット占いメーリングリスト
をご利用ください