美味しくって、 面白っ! 食べ物の話(3)


11/10/22  “知る人ぞ知る”秘境のお菓子屋さん No622

「パワースポット」で有名な「分杭峠」に行く途中、南アルプスの山あいに「杉島」と云う小さな集落があります。道路も、ここでお終い、さらに奥へは、歩いて下さいよ!と云った地です。
所が、この山の中に、“知る人ぞ知る”自家製『ドーナツ万十』、『やわらかカリントウ』を扱うお菓子屋さんがあるのです。(外にお店は、何んも無い・・)
おサルさんか、シカさんでも買ってくれないことには、ご商売が成り立たないのでは?、と心配してしまいそうな秘境に。

ですが、このお菓子屋さん、『ドーナツ万十』、『やわらかカリントウ』を求め、遠路、お客さんがおいでになるのです。実は、私たちも、家から往復60キロもかけて。。。

肝心の菓子のお味はと云いますと、一度食べたら忘れられない濃厚さ。
この地は、かって山仕事をされる方が多かったのでしょうが、そんな労働をされた後に、ピッタリのお菓子だと思います。
ただ、メタポの方は、食べ過ぎには注意しましょう!カロリー過多かもしれませんので。

今、鉄道マニアの間では、秘境駅がブーム。JR飯田線の「小和田」「中井侍」「為栗」などは、人気秘境駅として、賑わっているそうです。
もしも、秘境商店なるものがあるとすれば、このお菓子屋さん・・・、いの一番に取り上げられそうな秘境のお店です。

長さ10センチはある
巨大な『やわらかカリントウ』

《余談》南信州の飯田地方では、
「カリントウ」を、カミキリムシの幼虫と同じ「ゴトウムシ」と呼ぶことがあります。

山間部にあるお菓子屋さん
『ドーナツ万十』が一番の人気
肉体労働をした後には、ピッタリ

11/8/2  マックで一句・・・ No606

NHKの『カシャッと一句!フォト575』や、 フジテレビの『ペケポン川柳』が人気なのだそうだ。
ちょうど、夏休みで遊びに来た孫たちと、マックでお食事。そこで私も、NHKやフジの向こうを張って、一句!
久 し ぶ り

孫 と のバーガー

星 三 っ

★奥さんの川柳の感想は、
評価以前の段階とのこと。
きびしい・・・

11/7/11 『高橋まゆみ人形館』と、『富倉そば』  No602

奥さんのお供で、飯山市にある『高橋まゆみ人形館』に行って来ました。
今人気の観光スポットと云う事で、いささか小さめの館内は、人、人、人で大熱気。
この時期、暑さ対策をされて行かれるのがベターかもしれません。
展示されているのは、農村の「じいちゃん」や「ばあちゃん」や「子ども達」。
昔は、こんな生活をしていたのかなあ〜と、想像を掻き立てられるような人形達でした。
★下は、昼食で頂いた、幻のそば『富倉そば』です。

ぼっち盛りにされた『富倉そば』
つなぎにヤマゴボウの一種、"オヤマボクチ"と呼ばれる葉を使っているのが特徴。
冷麺に似たツルツル感がある。


『富倉そば』を頂いた「はしば食堂」さんは、
飯山市内より新潟県新井へ抜ける国道292号線を約20分ほど山間部に入った小さな集落にあります。
青いトタン葺きの家が、傾斜地に貼り付くように建っており、ゆっくり、絵を描きに来たい場所です。

11/5/14 弓道の後は、焼き竹の子 No592

私が所属させて頂いている弓のクラブのお楽しみの一つに、ワンコイン(500円)懇親会があります。
毎月の例会のあと、弓道場内で催されるのですが、ワンコインながら、楽しい会となっています。
今月の目玉は、竹林をお持ちの会員より差し入れの「竹の子」のアルミホイル焼きです。(左写真)
冬に道場で使う石油ストーブに火を入れ、アルミホイルで包んだ竹の子を焼くこと20〜30分。焼き竹の子の出来上がりです。
湯気の上がる熱々の竹の子に、醤油を懸け、ワイルドにかぶりつく。。。
少々“えぐさ”もありますが、野趣に富み、旬を喰う!とは、まさに、この事ですね。
弓のクラブに感謝。。。

10/9/21 娘からの贈り物 No542


久しぶりに、娘が、孫たちとやって来た。
(久しぶりと云っても2週間のご無沙汰ですが・・・)
「お父さ〜ん。もらい物だけれど、ウイスキー飲む〜?」、
「明日は、敬老の日だし〜」と、娘からの突然の贈り物。
私、少し面くらいながら、「うん、飲むよ」と、有難く頂戴することに。
何はともあれ、娘からの贈り物に、感謝!感謝!
一晩お泊まりした娘と孫たちが帰り、台風一過のごとく静かになったわが家の夕食時、娘からのウィスキーを頂いた私でした。
ただ、「敬老の日だし〜」の一言は、余分だよなあ〜と思いながら。。


10/3/3  『とうじそば』と『ザルソバ』のコラボレーション? No501

『とうじそば』って ご存知ですか?
冬至(とうじ)にソバを食べる事ではありません。
(わが家ではカボチャを食べますが・・・)
正解は、山菜、キノコ、油揚げ、ネギ、鴨肉など様々な具を煮込んだ汁に、「ソバを投じて」食べる郷土料理の事を『とうじそば』と云うのだそうです。
私も一度食べて見たいな〜と思っていたのですが、ちょうど水彩画仲間の「ソバ打ち会」で、食べるチャンスを得ました。

会場は、とある公民館の厨房。(左写真)
調理台は、化学の実験でもするような雰囲気です。
でも、そこは、ベテランの水彩画会員です。
【水まわし ・ 練り ・ のし ・ 切る ・ 茹でる】の工程を慣れた手つきで、実験し終えたのでありました。(爆発事故もなく)
冷たい水でしめられたおソバは、まずは、『ザルソバ』として頂き、残りは熱々の鴨肉入りのお汁に入れ、『とうじそば』として頂いたのです。
冷たい『ザルソバ』を味わった後の、温かい『とうじそば』。 この組み合わせ、なかなか魅力的です。じおソバなのに、全く違ったジャンルの食べ物を頂いたような錯覚に陥ります。


鴨肉、キノコ、ゴボウ、油揚げ、ネギ等々
具だくさんの汁に冷たいソバを投じて頂く『とうじそば』


10/1/20  どこか懐かしい『中華そば屋』さんです。。。 No489

 飯田駅前に『中華そば・新京亭』さん(下の写真)と云う食堂があります。
間口2間ほどで、外観や造作も決して新しいとは云えない小さなお店ですが、いつ行っても、常連客で満員御礼状態です。(相席当たり前の混みよう・・・)
 
新京亭のラーメンを「ラーメン評論家風?」に云えば。。。
★つゆ(スープ)は、さっぱり、しょうゆ味。
★麺は細めで柔らかく、もちもち感あり。
★チャーシューの存在感はあまり感じないが、適度の厚さあり。
★これでもかと云った“こだわり”を感じない所が、かえって個性的!

また、 『映画・三丁目の夕日』にでも出て来そうな、どこか懐かしい『新京亭』さんでは、
常連さんは、「オバチャ〜ン、いつものを・・・」で注文完了です。
皆さん、自分の家のような感覚で、ラーメンを楽しんでいるのです。
一度は行ってみたいお店です。。。

お店の前のオートバイは配達用なのでしょうか

新京亭・中華そば 600円


08/12/23 人の世の 倣い(ならい)? No.409


今日は天皇誕生日、明日はクリスマスイブ、二日続けて お目出たい日です。。。
【奥さん手作りのケーキ】を頂きました。(一日早い?)
かって、わが家に、子供たちがいた頃は、「ねえちゃんのケーキの方が大きい!」とか、「ぼくのイチゴが小さい!」とか、大にぎわいで、ケーキを食べたものです。。。

あれから二十数年 ( 綾小路きみまろさん風 )・・・
子供たちが巣立っていったわが家では、
実年の夫婦が、「腰が痛い!」とか、「肩がこる!」 とか云いながら、ぼそぼそとケーキを食べているのであります。。。
まっ、「これも世の倣い(ならい)?・・・これで良いのだ!」

08/12/17  『にしん蕎麦』って・・・ No.408

京都八坂神社の参道をプラプラと歩いておりましたら、「にしん蕎麦」という立看が目に入りました。
蕎麦屋さんの案内看板のようなのですが、 「にしん蕎麦」の「にしん」って、何なんでしょうか。
♪ヤーレン ソーラン ソーランの「にしん」なんでしょうか。 ちょつと気になる看板でした。

先日、その 「にしんの蕎麦」に、スケツチ仲間と伊那市郊外 権兵衛トンネル近くの蕎麦屋さんに行ったおり、偶然にも出会ったのです。

季節限定メニューの中に、あの京都八坂神社で見た「にしん蕎麦」と云う字句が、あった! のです。
早速注文。。。 しばらくしますと、上の写真のようなお蕎麦が出てまいりました。
湯気が立ちのぼる熱々の蕎麦の上に、「ドカッ!」と横たわっていますのは、まぎれもなく、「魚のにしん!」、「ソーラン節のにしん!」でした。。。

気になっていた「にしん蕎麦」を食べた感想はと申しますと・・・濃厚な甘露煮「にしん」と、淡泊な蕎麦とが、ほどよくマッチし、寒い時にピツタリのお蕎麦です。
私って、『漫画・美味しんぼ』の読み過ぎかも?

08/5/9  お蕎麦屋さんのネーミング No.374

NTTタウンページの「蕎麦店」情報を、パラパラとめくっておりましたら面白いことに気付きました。
掲載されている蕎麦店名で、「○○食堂」といったシンプルな名前が付いたお店が、あまり見受けられないのです。

「○○庵」、「○○亭」などと、“西岡スミ子さん”ではありませんが、「私んとこ、お蕎麦専門店だょ〜!」、「ちょつと、格式が高いんだょ〜!」といった感じの名前が多いのです。

まあ、好きずきですが、私は、駅前にあるから「駅前食堂」、路地裏にあるから「路地裏食堂」 といったネーミングに、“ウルウル”来てしまいます。(これは、ないかも・・・)

こういう食堂では、「料理の使い回し?」など、絶対にないだろうし、楽しく、気楽に、料理が頂けそうです。

実際、木曾の開田高原で、『高原食堂』という名のお蕎麦屋さんがありました。 高原にあるから、高原食堂!って、まさしく、「駅前食堂」の発想です・・・ 地元の人達が、ちょつと一杯飲みながら、お蕎麦などを食べる大衆食堂でした。 アットファミリーで、好感が持てました。(もちろん、お蕎麦も美味しかった)

中野市に行ったおり立ち寄った「郷土食堂」さんも、そんな雰囲気のお蕎麦屋です。
お店の方が『幻の蕎麦の里・富倉』の出身ということで、“富倉名物”の「蕎麦」や「笹寿司」が食べられるのです。(雪深き、富倉まで行かなくても)
「郷土食堂」さんのネーミング、郷土の味を伝えたいという意味も込められているのでしょうか。
※上の写真は、「郷土食堂」さんの“幻の富倉そば”と“笹寿司” ザルそば一枚750円 笹寿司一ケ105円


08/4/26 面白い蕎麦屋さん 山形村 No.371

先日、駒ヶ根市観光協会主催のPhotoコンテストのおり、写真家 「津野祐次」さんから、こんな話をお伺い致しました。

写真の審査で、『美しい!写真』という事は、一つの選択要件になりますが、『面白い写真』というのも、大事な選択要件の一つなのだそうです。
では、どんな写真が『面白さ』のか、具体的なお話はなかったのですが、「この写真、笑っちゃうよねえ〜」といった次元の話しではなさそうです。 (あたりまえ・・・)

お蕎麦屋さんを選ぶ場合も、どうも、写真の審査基準に似ているような気がするのです。
まず、お蕎麦屋さんを生業として、やっている以上、『美味しい』のは当然ですが、やはり、プロとして、『面白い』とか、何か、「プラス アルファ」ーが欲しいですよねぇ〜・・

こんな条件に合致したお蕎麦屋さんの一つが、山形村蕎麦集落にあります。
前にも紹介させて頂いたことがありますが、その名は、「からさわ屋」さん。(左上の写真)
では、「からさわ屋」さんのプラス アルファーは??
それは、見ての通りの時代がかった建物の古さです。。。

その古さ、中途半端ではありません。 NHK大河ドラマ「篤姫」時代までとはいいませんが、古色蒼然たるスゴ〜イ古い建物なのです。
もう、「参りました!」と、白旗を上げざるを得ない建物の古さです。
ま、こんなに、建物にお金をかけない?蕎麦屋さんが、一軒ぐらいは、あっても良いかもしれませんが・・・
そうそう、室内に、数学者「広中平祐」さんの【からさわや 田野のなつかしい味 素心とは まさにこれ】と詠まれた色紙が掲げられていました。(広中平祐さん、食べに来られたのですね・・・)
※一人前1000円(二枚)・皿盛りが美しい。


08/2/6 鴨が“ネギ”背負ってくる No.357

“鴨南蛮”を食べたいなあ〜!と思っていました所、ラッキーにもスケッチ会のおり、そのチャンスに恵まれました。

何んで、スケツチ会に鴨南蛮なのと云いますと、メンバーの中に、「絵より蕎麦大好き人間?」が大勢おいでになりまして、「寒い時期、何たって鴨南蛮だよね!」と、絵の前の
腹ごしらえに、「とりあえずビール、いや、鴨南蛮」になったのです。

お目当ては、伊那市郊外国道361号権兵衛トンネル付近のお蕎麦屋さん。
お品書きには、『ざる鴨そば』と、『かけ鴨そば』の二種類の“鴨南蛮”がありました。
私は、前者の『ざる鴨そば』を注文。。しばらくして出てきたお蕎麦が、上の写真です。

冷たい水でしめられた「ざる蕎麦」と、熱々の湯気が立ちのぼる「鴨汁」です。(湯気が上手く写ってます)
蕎麦を、鴨汁に浸して“付け麺風”に頂くのですが、冷たい「ざる蕎麦」と、温かい「かけ蕎麦」が、一度で味わえ、とってもお得で、魅力的なお蕎麦でした。
「一度で二度美味しい!」とは、このことですね。

ところで、“鴨南蛮”の南蛮という言葉、南蛮人とか、南蛮貿易とか、エキゾチックな響きがありますよね。
この南蛮とは、“ネギ”のことなんだそうです。(蕎麦屋さんの話し・・ )
「鴨がネギを背負って来る」といいますが、鴨に“ネギ”は、付き物なのですね。  
※ざる鴨そば(一人前二枚)・・・1.500円

鴨南蛮に使われる合鴨は、稲の生育時、水田に離し、雑草を食べさせ、
除草剤の使用を減らす『合鴨農法』
にも貢献しています。

テレビの「 DASH村」で、その様子が放映されていました。

雪にも負けず、元気な働き者の合鴨

08/1/30 女学生さんを描く No.356

信州高遠美術館で開かれるアートスクール作品展への搬入が間近に迫り、「♪いつものよ〜うに」大慌てで、一枚仕上げました。
何事にも、ギリギリにならないと出来ない私・・・

左がその作品なのですが、モデルさんは、学校の先生のお嬢さんで、なんと、現役バリバリの「女学生さん」です。

一方、絵を描く 私たちアートスクールのメンバーといいますと、とうの昔「女学生」だつたり、「男子学生」だったりする
“おばさん”、“おじさん”です。

絵の会場の雰囲気も、「良いわね〜、若いって・・・」、
「私達も、あんな時があったのよね〜」と、まさに、「綾小路きみまろさん」御寵愛(ごちょうあい)の“おばさん”状態です。

「大きな可能性を秘めた かの女学生」・・・
「怠惰(たいだ)なる日々を送った おのれが 青春」・・・

絵を描きながら、チョツピリ、「詩人」になっていた私です。(うそ〜・・・)

余談・・・アートスクールのお楽しみの一つに、昼食時に、皆で味あう
「満月麺」があります。
高遠町の古い町並みの中にある【満月・ 中華 】の一品なのですが、
寒いこの時期には最適です。
酢をかけて頂くと、また、美味さが増すように思えます。
★ 「満月麺」・・700円

美味しくて、面白っ!食べ物の話(4)へ