タロット占い講座


[ 第40回 ]

3匹のカマキリ

今日も自転車に乗ってお買い物。途中で路上にカマキリがいて、危うく踏み潰してしまうところでした。あわててハンドルを切ってよけました。灰色の小さなカマキリでした。

買い物を終えて帰る途中、またもやカマキリに遭遇。今度は緑で大きいカマキリでした。

1度目はただ驚くだけで、すぐにそのことは忘れてしまいます。2度目になると、偶然の連続に何か意味があるのではないかと考え始めます。そして、3度目があるのではないかと、路上に注意しながら自転車をこぐようになります。

案の定、家に帰り着く直前に3匹目のカマキリが現れました。今度は茶色で、小さめです。

普段カマキリなどほとんど見ないので、1日に3匹とは、かなり珍しいことですね。しかし・・・

タロット占いでも、何度も同じカードが出てきてびっくりしている人がいますが、ただびっくりしているだけでは、せっかくカードが示してくれたメッセージに気づくことができません。そういうときこそ冷静になって、慎重にカードの意味を読み取らなければなりません。

同じカードが繰り返し出るのは、カードの特別な力というよりも、むしろ、本人の心理的影響の方が強いと思います。1度では印象に残らなくても、2度出てくると印象に残りやすく、3度目を期待するようになります。3度目の場合は、カードが示したというよりも、自分で探し出したといってもいいくらいです。

繰り返し出てきたカードと、自分の心理状態とのシンクロする部分をよく分析してみれば、問題の確信となる部分に気づいたり、現実として受け入れたくなくて目をそらしている無意識的な部分に気づくことができます。そういったことを明確に意識することで、問題解決の糸口をつかむことができることもあります。

カードの不思議だけにとらわれていたら、ますます現実が見えなくなってしまうでしょう。タロット占いに限らず、日常の中の偶然の一致や、シンクロニシティと呼ばれる現象には注意していた方がいいと思います。そこには、必ず重要なメッセージがあるはずなのです。

ところで、私が見たカマキリはいったい、なんだったんでしょうね?


タロットに関する学習や質問は
タロット占いメーリングリスト
をご利用ください