タロット占い講座


[ 第8回 ]

生年月日から割り出すあなたのカード

〜〜 タロットプロファイルの作成 〜〜

生年月日: 西暦年 月 日 

パーソナリティカード: 
ソウルカード    : 

占いの依頼の中には時々生年月日を書かれているものもあります。それが星占い(占星術)や四柱推命、九星学などといったものであれば当然なくてはならない情報なのですが、タロット占いではあまり重要ではありません。言うまでもなくタロットは計算などで導き出される情報ではなく、まったくの偶然でめくられたカードの出方から得られるインスピレーションによるものですから、数学的な法則は当てはめることはできません。ではまったく法則が存在しないのかといわれると、そうでもないようですね。例えば運命の法則とかいわれるものが存在するのでしょう。

では、せっかく書いてくれた生年月日は何の意味もなくなってしまうのでしょうか? 今回はみなさんに、とっておきの秘密をお教えしましょう。「生年月日から割り出すあなたのカード」です。

これからご紹介する方法で割り出されたタロットカードは、あなたの性格や宿命などを判断する手がかりとなるものです。今回は3枚のカードを割り出してみましょう。

まず最初に、簡単に調べることができる「ゾディアック カード」と呼ばれるものを見てみましょう。ゾディアック(Zodiac)とは占星学の用語で「獣帯」とも言います。星占いの12星座に対応するもので、その人の性格が一番よく表れるカードです。星座を見るだけで、すぐにゾディアックカードを知ることができます。例えば、牡羊座の人は「皇帝」のカードがその人のゾディアックカードになります。

この時注意として、星座が切り替わる境界に近い日付(毎月 21 日前後)に生まれた人の場合、生まれた年によって違う星座になることもあります。自分の星座を正確に知るためには、出生ホロスコープの「太陽のサイン」を調べる必要があります。不安な人はプロの占星術師などに相談してみたほうが良いかもしれません。

星座とタロットの対応は以下の通りです。

星座(星座宮) ゾディアックカード およその期間
牡羊座(白羊宮) IV 皇帝 (The Emperor) 3月21日〜4月19日
牡牛座(金牛宮) V 司祭長 (The Hierophant) 4月21日〜5月20日
双子座(双子宮) VI 恋人 (The Lovers) 5月21日〜6月21日
かに座(巨蟹宮) VII 戦車 (The Chariot) 6月22日〜7月22日
獅子座(獅子宮) VIII 力 (Strength) 7月23日〜8月23日
乙女座(処女宮) IX 隠者 (The Hermit) 8月24日〜9月22日
天秤座(天秤宮) XI 正義 (Justice) 9月23日〜10月23日
蠍座(天蝎宮) XIII 死神 (Death) 10月24日〜11月22日
射手座(人馬宮) XIV 節制 (Temperance) 11月23日〜12月21日
山羊座(磨羯宮) XV 悪魔 (The Devil) 12月22日〜1月20日
水瓶座(宝瓶宮) XVII 星 (The Star) 1月21日〜2月18日
魚座(双魚宮) XVIII 月 (The Moon) 2月19日〜3月20日

次に、「パーソナリティー カード」と「ソウル カード」というものを調べてみましょう。パーソナリティーカードは、あなたの人格を表すカード。あなた自身が何を学ぶためにこの世に生まれてきたかといことを示します。また、ソウルカードは、あなたの魂(たましい)のカード。あなたの魂がこの世のためにどんな目的を持っているのかということを示してくれます。

これらを調べるには生年月日を使って計算します。まず、生まれた年(西暦)、を足します。例えば、197231日生まれの人はの場合以下のようになります。

1972+8+31 = 2011

さらにここで出てきた 2011 という数字を分解して足します。

2+0+1+1 =

この に対応する大アルカナの「IV 皇帝」が、この人のパーソナリティーカードとソウルカード両方に対応するカードとなります。この段階で23以上の数字が出た人は、さらに分解して、もう一度足すことになります。10〜21の数字が出た人は、その数字がパーソナリティーカードを示し、もう一度分解して足した数字がソウルカードとなります。ただし、19だけは特別なあつかいになります。19が出たときはさらに下記のような計算をすることになります。

1+9= 10

1+0=

ここで出てきた1910、のすべてがパーソナリティーカード、ソウルカード両方に対応することになります。さらに、もう一つ、 22が出た場合も特別で、この場合は常に、がパーソナリティーカード、がソウルカードに対応します。

ここまでで割り出された0〜21の数字は、そのまま大アルカナ0〜21のカードの番号に対応します。

ちょっとわかりにくかったかなぁ? わからなくても大丈夫。実は、このページの上のほうにあるフォームに生年月日を記入して「入力」ボタンを押すとパーソナリティーカードとソウルカードが表示されます。これなら誰でも簡単に調べられるでしょう。このページをお気に入りに登録しておくと便利ですよ。

やり方が分かったら、さっそくあなたやお友達のカードを調べてみましょう。ここで調べた 3 枚のカードは、占いをするときには、相手や自分の象徴カードとして選んだり、占いの中に出てくるカードの人物を特定するときのヒントとなるでしょう。インスピレーションにしたがって、自由に活用してみてください。

誕生日に対応する小アルカナ(ディスティニー カード)を調べることもできます。詳しくは「占星学とタロット(3) - 小アルカナ」をごらんください。

毎年の誕生日に対応するタロットカードを「イヤーカード」(詳細→ライフタイム・イヤーカード・グラフ)と呼びます。

これらすべてのタロットカードを割り出したものを「タロット プロファイル」と呼びます。対象者の分析データとして活用することができます。


タロットに関する学習や質問は
タロット占いメーリングリスト
をご利用ください