タロット占い講座


[ 第30回 ]

ソーラーリターン・ホロスコープ・スプレッド

ソーラーリターンという言葉をご存知でしょうか。占星学の用語なので、私自身も専門外。実は、よく知りません。わかっているのは、ホロスコープ上で、自分の生まれた時の太陽の位置に、再び太陽(ソーラー)が戻って(リターン)くる瞬間に作られるホロスコープのことだということだけです。

Stargazerというホロスコープ作成ソフトでぐるぐると経過図の時間をずらしながら調べてみると、どうやら私のソーラーリターンは某日の21時6分ごろ・・・。

この瞬間に、タロット占い師としても、ひとつやるべきことがあります。計算上のホロスコープならいつでも作れるのですが、タロット占いによるホロスコープ・スプレッドはこの瞬間でないと作れません。あるいは、この瞬間を基準に1年占いをするというのもいいでしょう。ともかく、タロット占い師にとっては、「いつ占うか」という事も、意味があったりします。

占い結果についても公開しようかと思ったのですが、今から1年間分の私の運勢ということになるので、これを公開してしまうといろんな意味で危険だったりすると思うので、やめときます。中国人は自分の生年月日を他人に教えたがらないそうですが、それは、占いによって自分の弱点を見抜かれて、不利な立場に追い込まれる危険性があるからだそうです。占星術系の占いなら、生年月日さえわかれば、他人がいつ占っても、同じ結果が出ますからね。

ソーラーリターンのホロスコープ・スプレッドは、公開しない限りは他人には絶対に知られることはありません。深層心理への働きかけが大きいと思いますが、上手に使えば、自分なりに運勢を切り開くヒントとなるでしょう。

自分のソーラーリターンがいつになるのかわからない人は占星術師にお願いして調べてもらうのもいいのですが、実は、そんなにむずかしく考えなくても、ソーラーリターンというのは、だいたい毎年自分の誕生日と同じ日になるものです。自分の誕生日には毎年タロット占い師に占ってもらうという程度のものでも十分ではないでしょうか。


タロットに関する学習や質問は
タロット占いメーリングリスト
をご利用ください